トレーニング

【筋トレ】大胸筋の活動量を上げるバーベル『Barbell 2.0』を紹介!

出典:DOREY-MONETTE IND. INC. Barbell 2.0

 

ボディメイク専門 札幌パーソナルトレーナーZeal-Kの長崎健太です。

 

本日は備忘録として個人的に気になるツールを書き記します。大胸筋の活動量を増加できるバーベル『Barbell 2.0』です。

 

今回の内容は完全に私の備忘録です。(笑)

 

バーベル・ベンチプレスは

 

基本種目であり、人気種目です。

 

ボディメイクにおいて

 

バーベル・ベンチプレスのうま味は

 

下ろす動作、ボトム位の刺激だと思っています。

 

大胸筋が伸びた位置で高負荷がかかるからです。

 

大胸筋に高重量で伸張刺激を与える

 

種目として優れていると思います。

 

一方、挙げる動作をみてみると

 

バーベル・ベンチプレスは

 

動作中、手幅が変わらないので

 

大胸筋の短縮側の可動域が狭く、

 

大胸筋をしっかり縮ませる事ができません。

 

なので、短縮刺激の面では「惜しい」んです。

 

この「惜しい」部分を補ったバーベルがあるんです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

Dorey Monette Industries Inc.製『バーベル2.0』

これです。↓

出典:Strong Theory Systems ( a Dorey-Monette Ind. Inc. product)チャンネル barbell2.com purchase

 

スライドするハンドルが

 

バーベルに装着されていて、

 

ダンベル・プレスの様に

 

プレス動作に応じて手幅を変える事ができます。

出典:Strong Theory Systems ( a Dorey-Monette Ind. Inc. product)チャンネル barbell2.com purchase

 

 

『バーベル2.0』の良いところ

実際に使ってはいないので、

 

実感をもって言えませんが、

 

メリットはあると考えていて

 

私にとって興味深いツールなんです。

 

良いと思う点を

 

通常バーベルやダンベルと比較して

 

ダラダラと書いていきます。笑

 

通常バーベルとの比較

手幅が可変なので

 

バーベル・ベンチプレスで

 

大胸筋をしっかり絞り込むことができます。

 

これは、通常のバーベルではできません。

 

この製品を使用していませんが、

 

同様にスライドするハンドルを持つ

 

バーベルを試作して、

 

ベンチプレスを行った筋電図研究があります。

 

Melaniさん達の研究です。

 

この研究によると

 

通常のバーベルと比較して、

 

大胸筋の筋電図結果は、

 

有意に19.5%増加しています。

 

実際に筋肥大の結果に差がでるかまでは

 

調べられていませんが、

 

非常に興味深い結果です。

 

動画をみると、やはり

 

通常バーベルよりは

 

使用重量が減るでしょうが、

 

少ない使用重量で大胸筋の筋活動を

 

増加できそうなので、その点も良いです。

 

しかし、

 

ベンチプレスで伸張刺激を重視する場合は

 

通常バーベルを使用して

 

高重量で大胸筋を伸張させた方が良い気がします。

 

なので、

 

スライドハンドル付きバーベルで行なう

 

ベンチプレスは、短縮刺激重視の種目と

 

わりきって、使い分けるのも1つの考え方だと思います。

 

ダンベルとの比較

上記の研究では

 

ダンベル・プレスとの比較は

 

されていませんが、

 

一見して、ダンベル・プレスより

 

良いと思われる点があります。

 

それは、

 

ダンベルより安定している

肩関節の水平屈曲に摩擦で負荷がけ可

肩関節の水平屈曲にチューブで負荷がけ可

 

という点です。

 

(1)ダンベルより安定している

通常のバーベルにも言える事ですが、

 

ダンベルより安定したウェイトなので

 

使用重量の面では、

 

ダンベル・プレスより重いものが扱えるはずです。

 

(2)肩関節の水平屈曲に摩擦で負荷がけ可

このスライドハンドル付きバーベルは

 

スライドの際に機械的摩擦が必ず生じます。

 

この摩擦が、

 

ハンドルをスライドさせる動作

=肩関節の水平屈曲(腕を内側に移動)

=大胸筋を絞り込む動作

 

に対して負荷になるはずです。

 

どの程度の摩擦力になるか

 

 

摩擦のかかり方などが未知なんで、

 

負荷としてイマイチな可能性もあります。笑

 

少なくとも、

 

ダンベル・プレスでは摩擦がありません。

 

(3)肩関節の水平屈曲にチューブで負荷がけ可

ダンベル・プレスはご存知のとおり

 

大胸筋を絞り込んだ動作ができます。

 

ダンベル・プレスのトップ位は

 

この動作の中で

 

最も大胸筋を絞り込んだ状態

=最も大胸筋を短縮させた状態

 

になります。

 

出典:Mike Thurstonチャンネル How To Dumbbell Bench Press & Improve Chest Activation

 

そうなんですけど、

 

トップ位では物理的に、

 

大胸筋の負荷は抜けてしまいます。

 

なぜなら、ボトム位と比較して

 

トップ位では負荷(ダンベル)の重心が

 

肩関節に近づくので

 

負荷のモーメントアームが

(外的モーメントアーム)

 

小さくなるからです。

(しかもトップ位はボトム位と比較して、大胸筋の停止部と肩関節の距離(内部モーメントアーム)が大きくなるので、大胸筋の力発揮は少なくて済みます。)

 

ボトム位

(しかも、大胸筋停止部と肩関節の距離(内部モーメントアーム)が小さいので大胸筋は大きな力発揮をする必要がある)

出典:mountaindog1チャンネル Exercise Index - Slight Decline Dumbbell Press

 

トップ位

(しかも、大胸筋停止部と肩関節の距離(内部モーメントアーム)が大きいので大胸筋は小さな力発揮で済みます)

出典:mountaindog1チャンネル Exercise Index - Slight Decline Dumbbell Press

 

 

なので、

 

ダンベル・プレスのトップ位は

 

しっかり大胸筋が短縮しますが

 

負荷抜けの状態になります。だから

 

誰もが経験していると思いますが、

 

ダンベル・プレスのトップ位では

 

物理的に負荷が抜ける分、しっかりと

 

自ら大胸筋にギュッと力を入れて

 

収縮させていると思います。

 

お気づきの方もいらっしゃると思います。

 

そうです、

 

このトップ位での物理的負荷抜けは

 

ダンベルだけでなく、今回紹介している

 

スライドハンドル付きバーベルでも

 

同じことです。ですが、

 

スライドハンドル付きバーベルだと

 

チューブを組み合わせる事で

 

トップ位の負荷抜けを改善できます。

 

具体的に、どうやってチューブと

 

組み合わせるかですが、

 

スライドハンドル付きバーベルの

 

プレート荷重部のストッパーと手首を

 

チューブで連結すればよいです。

 

実際の写真はないですが、

 

イメージはこんな感じです。↓

出典:Strong Theory Systems ( a Dorey-Monette Ind. Inc. product)チャンネル barbell2.com purchase

 

こうする事で、

 

トップ位での負荷抜けが防止できます。

 

防止どころか、かなり強い刺激を

 

トップ位

=大胸筋の短縮位

 

で入れる事ができます。

 

また、これはトップ位だけではありません。

 

(2)の摩擦がイマイチだった場合でも

 

チューブによって

 

肩関節の水平屈曲(腕を内側に移動)

=大胸筋を絞り込む動作

 

に対して、

 

しっかり負荷かをかける事ができますし、

 

その負荷調整もチューブですから容易にできます。

 

チューブ自体の強度を変えたり

 

複数のチューブを使用したりする事で

 

簡単に調整可能です。

 

このチューブとの組み合わせは

 

ダンベルではできませんし、

 

通常バーベルでは動作中に

 

手幅が変えれないので機能しません。

 

スライドハンドル付きバーベルだからこその利点です。

 

ちなみにですが、

 

通常バーベルとチューブを組み合わせて、

 

可動域は狭いですが

 

大胸筋を絞り込む動作に対して

 

負荷がけする行い方を過去に記事にしています。↓

 

 

他種目で使用するのもアリ

ベンチプレスだけでなく、

 

ショルダープレス、アップライトロー、

 

ベントロー、バーベルカール等々、

 

他種目に使用する事でも利点がありそうです。

 

ショルダープレス

チューブとの組み合わせもアリ。(プレート荷重部のストッパーと手首)

出典:Strong Theory Systems ( a Dorey-Monette Ind. Inc. product)チャンネル jordy stb demo

 

 

プッシュアップ

チューブとの組み合わせもアリ。(プレート荷重部のストッパーと手首)

出典:Strong Theory Systems ( a Dorey-Monette Ind. Inc. product)チャンネル Base pushup video

 

 

ベントロー

チューブとの組み合わせもアリ。(両手首や両肘)

出典:Strong Theory Systems ( a Dorey-Monette Ind. Inc. product)チャンネル bent over row handle demo

 

 

以上です。

 

耐久性や動作性、使い心地など

 

気になる点も含めて

 

使用してみたいツールです。

 

外国製ですが、

 

国内アマゾンでも購入可能ですね。

 

 

メーカー直購入はこのサイトから。

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

facebook https://www.facebook.com/ZealKenta/

 

スポンサードリンク

 

 

-トレーニング

Copyright© 札幌パーソナルトレーニングZeal-K , 2020 All Rights Reserved.