腕トレ(三頭)

【筋トレ】カールマシンで行なうフレンチプレスがイイ感じ!

札幌パーソナルトレーニング

ボディメイク専門 札幌パーソナルトレーナーZeal-Kの長崎健太です。

 

本日はカールマシンで行なうフレンチプレスを紹介します。参考になれば嬉しいです!

 

上腕三頭筋の種目に

 

フレンチプレスがあります。

 

上品な名前ですが、別名は

 

シーテッド・スカルクラッシャーです。

 

一転、物騒な雰囲気。(笑)

 

こんな種目です。↓

<ダンベル>

出典:LIVESTRONG.COMチャンネル How to Do Triceps Dumbbell Extensions

 

<バーベル>

出典:Jesse Collins Trainingチャンネル EZ Bar French Press

 

<ケーブル>

出典:Training Strategiesチャンネル Seated - Low pulley - BB - Triceps French press - Pronated -

 

この種目は

 

上腕三頭筋の全ヘッドが

(長頭、外側頭、内側頭)

 

しっかり伸びた位置で

 

大きな負荷がかかる構造になっているので

 

上腕三頭筋に

 

伸張刺激を与える種目として

 

非常に優れています。

 

特に

 

長頭においては

(肩関節と肘関節を跨ぐヘッド)

 

他のメジャー種目より伸びた位置で

 

大きな負荷をかける事ができるので

 

上腕三頭筋長頭の伸張種目として

 

ピカイチな存在です。

 

そんなフレンチプレス、

 

非常に優秀な種目なんですが

 

2つ難点があります。

 

それは

 

①ウェイトを開始位置に持って行き辛い

②終了時、ウェイトを戻し辛い

 

です。①も②も

 

ウェイト重量が軽い内は

 

何ら気になりませんが、

 

高重量になってくると

 

一人で行なうには一苦労になります。

 

②においては、

 

中途半端な可動域で

 

反復限界に達してしまった場合、

 

危険で怪我するリスクもあり、

 

このせいで

 

追い込み切れなかったり

 

反復限界前で反復を

 

止めてしまったりする事もでてきます。

 

これら欠点を解消して

 

フレンチプレスができるのが

 

フレンチプレスマシンです。↓

出典:David Featherチャンネル Old School Paramount Seated Triceps Extension

 

出典:Testosterone Nationチャンネル French Press

 

ですが、このマシン

 

中々お目にかかれないんです。

 

そこで何かで代用できないかと思い

 

試したのが、本日紹介する

 

カールマシンで行なうフレンチプレスです。

 

試したところ

 

効きが良いし、

 

動作の開始と終了が安全にできる、

 

加えて

 

この行い方だからこその利点もあり

 

お気に入りの種目になりました。

 

はじめた切っ掛けは代用種目として

 

でしたが、その利点がとても良く

 

現在では、わざわざカールマシンで

 

フレンチプレスを行っています。

 

小道具を用意しなければならないし

 

マシンの通常利用と異なるので

 

これをやってみようと思われる方は

 

極少でしょうが(笑)、

 

なにかの参考になれば嬉しいです。

 

スポンサードリンク

 

 

カールマシンで行なうフレンチプレス

使用するカールマシンはこんなタイプ。↓

出典:Hammer Strengthチャンネル Hammer Strength Select Biceps Curl

 

この動画と同じマシンと

 

小道具(登山用スリングとFatグリップ)

 

を使ってこんな感じで行なっています。↓

 

カールマシンに逆向きに座り

 

腕の乗せ台を背もたれにし、

 

カールマシンのハンドルと連結した

 

小道具(登山用スリング+Fatグリップ)に

 

手を当ててフレンチプレスを行います。

 

参考に連結のしかたも載せます。↓

<連結のしかた>

 

 

次に

 

開始位置までの持って行き方

終了時の戻し方

 

も示します。

 

高重量でも比較的楽に安全に

 

開始位置まで持って行けますし、

 

戻す事ができます。

<開始姿勢のとり方>

 

 

<終了時の戻し方>

 

反復動作で重視すべきはボトム域です。

 

ボトム位の伸張と

 

ボトム→挙げに転じる初動の強いテンション

 

を各反復で逃さず反復していきます。

 

あと、Fatグリップは握りません。

 

握らず、サムレスで手の平に当てて行います。

 

 

冒頭で言いましたが、

 

この行い方ならではの利点があります。

 

それは

 

ボトム位の伸張刺激が

 

かなり強くなる事です。

 

上記したフレンチプレス種目

 

ダンベル・フレンチプレス

バーベル・フレンチプレス

ケーブル・フレンチプレス

マシン・フレンチプレス

 

よりも強い刺激がボトム位で入ります。

 

そしてもう1つ、

 

動作中断する事なく

 

メカニカルドロップセットができる事です。

 

フレンチプレス

JMプレス

 

が中断無く連続でできますので

 

上腕三頭筋は緊張しっぱなしで

 

かなりのレベルまで追い込む事ができます。

 

この行い方が個人的にはお気に入りで

 

全セットこのメカニカルドロップセットで

 

行なっています。

 

最後にそれを紹介します。

 

 

カールマシン・フレンチプレスのメカニカルドロップセット

以下要領で行なう事で

 

フレンチプレス限界反復

JMプレス限界反復

 

がウェイトスタックを戻す事なく

 

連続で行なう事ができます。

 

<フレンチプレスを限界まで反復>

 

 

<JMプレスの開始姿勢をとる>

 

 

<JMプレスを限界まで反復>

JMプレスもフレンチプレスと同様にFatグリップは握らず手の平に当てて行う。

 

これにより

 

上腕三頭筋から負荷が抜けること無く

 

緊張時間を延長する事ができます。

 

とてつもなく効きます。

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

 

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

facebook https://www.facebook.com/ZealKenta/

 

スポンサードリンク

 

-腕トレ(三頭)

Copyright© 札幌パーソナルトレーニングZeal-K , 2021 All Rights Reserved.