【筋トレ】スロー&クイック法で新鮮な刺激を与えてみる:具体例

ボディメイク専門 札幌パーソナルトレーナーZeal-Kの長崎健太です。

 

前回の記事で、

 

スロー&クイック法について 説明しました。

 

この方法は、どんなエクササイズでも

 

相性良く行えるわけでは無いと感じています。

 

特に、背中系エクササイズや

 

ケーブル系エクササイズとの相性は悪く、

 

プレス系エクササイズとの相性は良いです。

 

また、一定のところに負荷を乗せやすいので

 

軌道が決まったマシンエクササイズの方が

 

おすすめです。

 

本日は、スロー&クイック法の具体例を紹介します。

 

 

胸編

【エクササイズ選択】

スミスマシン・チェストプレス

レバレッジ・プレートローディング・チェストプレス

(両方ともフラット、インクライン、デクラインどれでも可。)

 

スミスマシン・インクライン・チェストプレス
フラット、デクラインでも可。

 

レバレッジ・プレートローディング・チェストプレス
インクライン、デクラインでも可。

 

 

【行い方】

<開始位置>

ボトムが開始位置。

 

<ゆっくり反復を限界まで実施>

これを反復限界まで実施する。

 

↓一旦、ラックにかけて3秒休息

 

<速い反復を限界まで実施>

これを反復限界まで実施。

 

↓一旦、ラックにかけて5秒休息

 

<再度、速い反復を限界まで実施>

反復限界まで実施し、終了。

 

これで1セットになります。

 

 

【使用重量】 

1セット目の『ゆっくりな反復』で限界反復が10回の重量。この重量のまま『速い反復』も実施。

 

2セット目以降で『ゆっくりな反復』の回数が8回まで落ちた場合、次のセットで重量を減らす。

  

  

【セット数】

3~4セット。

 

【セット間休息】

90~120秒。

 

 

【重量を増やすタイミング】

『ゆっくりな反復』で12回できたセットは次回トレの、そのセットで2kg程度増量する。

 

12回できていないセットは重量を変えず、次回トレでも12回を目指す。

 

 

肩編

【エクササイズ選択】

スミスマシン・ショルダープレス

レバレッジ・プレートローディング・ショルダープレス

 

スミスマシン・ショルダープレス

 

レバレッジ・プレートローディング・ショルダープレス

 

 

【行い方】

<開始位置>

ボトムが開始位置。

 

<ゆっくり反復を限界まで実施>

これを反復限界まで実施する。

 

↓一旦、ラックにかけて3秒休息

 

<速い反復を限界まで実施>

これを反復限界まで実施。

 

↓一旦、ラックにかけて5秒休息

 

<再度、速い反復を限界まで実施>

反復限界まで実施し、終了。

 

これで1セットになります。

 

 

【使用重量】 

1セット目の『ゆっくりな反復』で限界反復が10回の重量。この重量のまま『速い反復』も実施。

 

2セット目以降で『ゆっくりな反復』の回数が8回まで落ちた場合、次のセットで重量を減らす。

 

 

【セット数】

3~4セット。

 

【セット間休息】

90~120秒。

 

 

【重量を増やすタイミング】

『ゆっくりな反復』で12回できたセットは次回トレの、そのセットで2kg程度増量する。

 

12回できていないセットは重量を変えず、次回トレでも12回を目指す。

 

 

上腕三頭筋編

【エクササイズ選択】

スミスマシン・ナロープレス

 

スミスマシン・ナロープレス

 

 

【行い方】

<開始位置>

ボトムが開始位置。

 

<ゆっくり反復を限界まで実施>

これを反復限界まで実施する。

 

↓一旦、ラックにかけて3秒休息

 

<速い反復を限界まで実施>

これを反復限界まで実施。

 

↓一旦、ラックにかけて5秒休息

 

<再度、速い反復を限界まで実施>

反復限界まで実施し、終了。

 

これで1セットになります。

 

 

【使用重量】 

1セット目の『ゆっくりな反復』で限界反復が10回の重量。この重量のまま『速い反復』も実施。

 

2セット目以降で『ゆっくりな反復』の回数が8回まで落ちた場合、次のセットで重量を減らす。

 

 

【セット数】

3~4セット。

 

【セット間休息】

90~120秒。

 

【重量を増やすタイミング】

『ゆっくりな反復』で12回できたセットは次回トレの、そのセットで2kg程度増量する。

 

12回できていないセットは重量を変えず、次回トレでも12回を目指す。

 

 

脚編

【エクササイズ選択】

スミスマシン・スクワット

マシン・ハックスクワット

Vスクワット・マシン

ゴブレット・スクワット

 

スミスマシン・スクワット
マシン・ハックスクワット
Vスクワット・マシン
ゴブレット・スクワット

 

 

【行い方】

<開始位置>

ボトムが開始位置。

 

<ゆっくり反復を限界まで実施>

これを反復限界まで実施する。

 

↓一旦、ラックにかけて3秒休息

 

<速い反復を限界まで実施>

これを反復限界まで実施。

 

↓一旦、ラックにかけて5秒休息

 

<再度、速い反復を限界まで実施>

反復限界まで実施し、終了。

 

これで1セットになります。

 

 

【使用重量】 

1セット目の『ゆっくりな反復』で限界反復が12回の重量。この重量のまま『速い反復』も実施。

 

2セット目以降で『ゆっくりな反復』の回数が9回まで落ちた場合、次のセットで重量を減らす。

 

 

【セット数】

3~4セット。

 

【セット間休息】

90~120秒。

 

 

【重量を増やすタイミング】

『ゆっくりな反復』で14回できたセットは次回トレの、そのセットで2~5kg程度増量する(できる方は5kg以上の増量可)。

 

14回できていないセットは重量を変えず、次回トレでも14回を目指す。

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

facebook https://www.facebook.com/ZealKenta/

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K☆減量部

ホームページ http://weightloss-zk.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする