【サプリメント】BCAAやHMBなどのアミノ酸系サプリはプロテインの代わりにならない

ボディメイク専門 札幌パーソナルトレーナーZeal-Kの長崎健太です。

 

前回の記事で、

 

非常に基本的な内容でしたが、

 

お腹の調子が崩れるプロテインは、

 

直ぐに変えるべきだと書きました。

 

本日も、サプリ活用について基本的な事を書きます。

 

すでに題に書いてしまいましたが。笑

 

最近、プロテインやアミノ酸系サプリの役割が

 

ごっちゃになっている印象を持っています。

 

クラブやジムの会員の方に

 

筋肥大目的のサプリ摂取について

 

質問される内容で以下のものがあります。

 

『プロテインよりHMBを摂った方がいいの?』

 

『プロテインよりBCAAの方が効果があるんでしょ?』

 

『アミノ酸系サプリはプロテインの代わりになるんでしょ?』

 

などなどです。これらに答えると、

 

アミノ酸系サプリはプロテインの代わりになり得ないし、

 

プロテインを優先して摂るべきで、

アミノ酸系サプリの摂取は二の次、三の次でよし

 

となります。

 

各サプリの役割を認識していれば、

 

思い浮ばない疑問なんですが、

 

各メディアのサプリ広告の内容を見ると

 

致し方ないことだと思います。

 

サプリにかけるお金を無駄にしないためにも

 

プロテインやアミノ酸系サプリを摂る理由や位置づけ

 

を把握する事は大切なので記事にします。

 

プロテインとは、アミノ酸系サプリとは

プロテイン

=タンパク質

=約20種類のアミノ酸結合

=筋肉の材料

です。

 

アミノ酸系サプリ

=単体又は数種類のアミノ酸又はその代謝物

=筋肉の材料になり得ない

です。

 

これら2つは、

 

構成しているアミノ酸の種類、その数が違い

 

まったくの別物なので、

 

アミノ酸系サプリはプロテインの代わりになりません。

 

また、

 

タンパク質=約20種類のアミノ酸結合が

 

筋肉の材料になる物質であり、 

 

単体又は数種類のアミノ酸系サプリは、

 

それだけでは筋肉の材料になりえません。

 

 

プロテインの役割

プロテインを摂る主な理由、目的は、

 

筋肉に材料を供給するためです。

 

形あるものを作るには、必ず材料が必要です。

『筋肉』とういう物の材料が

 

タンパク質=プロテインなので、

 

最優先で摂るべきサプリになります。

 

 

アミノ酸系サプリの役割

主なアミノ酸系サプリは、

 

EAA(必須アミノ酸)

BCAA(必須アミノ酸の内3つのアミノ酸)

ロイシン(BCAAの内1つのアミノ酸)

HMB(ロイシンの代謝物)

 

などがあります。

 

これらを摂る主な理由、目的は、

 

摂取後直ちに

 

筋タンパク質合成を向上させる

 

筋タンパク質分解を抑制させる

 

ことです。

 

筋肉(筋タンパク質)は、24時間、

 

合成(新しく作る)と分解(古いものを壊す)を

 

繰り返しています。これは体の仕組みです。

 

この仕組みにアミノ酸系サプリは

 

働きかけてくれるわけです。

 

ですが、

 

筋肉の材料がそもそも不十分だったら

 

合成という仕組みが優位になっても

 

材料が不足なので筋肉づくりは

 

なかなか進みませんし、

 

分解という仕組みが抑制されても

 

やはり材料不足では、これも

 

筋肉づくりが、なかなか進みません。

 

そして、上述したとおり

 

アミノ酸系サプリ自体、これだけでは

 

筋肉の材料=タンパク質

 

になりません。

以上の事から、

 

筋肥大を目的にサプリを活用する場合、

 

筋肉の材料であるプロテインを優先して

 

摂ってください。

 

そして、アミノ酸系サプリは

 

プロテインの代わりになりませんし、

 

摂取の優先度は、二の次、三の次です。

 

基本栄養の確保なしに、

 

アミノ酸系サプリに飛びつく事は

 

お金の無駄になってしまいます。

 

本日もお読み頂きありがとうございました!

 

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

facebook https://www.facebook.com/ZealKenta/

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K☆減量部

ホームページ http://weightloss-zk.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする