【筋トレ】オフセットグリップ・ダンベルプレスで大胸筋を攻める

ボディメイク専門 札幌パーソナルトレーナーZeal-Kの長崎健太です。

 

前回の記事で胸トレ種目について書きましたが

 

今回も胸トレについて書きます。

 

題にある『オフセットグリップ』とは何か?

 

ダンベルを例にいいますと、

 

ダンベルのグリップの端を持って

 

偏ったバランスでダンベルを保持する事です。↓

(通常はダンベルのグリップの真ん中を持って、バランス良くダンベルを保持する)

 

 

このメリットは、

 

負荷のかかり方を微妙に変えれる事です。

 

このオフセットグリップで行う種目で

 

知られたものが

 

『オフセットグリップ・ダンベルカール』です。

 

オフセットグリップでダンベルカールを行うと

 

上腕二頭筋の作用『前腕の回外(前腕を外に捻る)』

 

に対しても負荷をかける事ができます。↓

 

というように、

 

負荷のかかり方を変化させる事ができます。

 

本日は、オフセットグリップで

 

負荷のかかり方を変化させて行う

 

ダンベル・チェストプレスを紹介します。

 

 

オフセットグリップ・ダンベル・チェストプレス

普段行っているやり方に近い動画を載せます。

 

陽気で面白いIFBBプロビルダー Antoine Vaillantさんの動画です。

 

5:55~6:21を見て下さい。

 

この動画から画像を拝借して、

 

普段行っているやり方のポイントを説明します。

(Antoine Vaillantさんがこのやり方を行っているわけではありません。)

 

開始姿勢

・ダンベル内側端を握る

・親指を上に向け、ダンベルのヘッドを親指側に乗せてぶら下げる様にする

 

 

下ろす

私はもう少し上に向けてぶら下げた状態を強調して実施しています。

親指を上に向けダンベルヘッドを乗せてぶら下げた状態を維持したまま、弧を描くように左右に広げて下ろす。

(通常のように真下に下ろすイメージで行わない。)

 

 

挙げる

私はもう少し上に向けてぶら下げた状態を強調して実施しています。

親指を上に向けダンベルヘッドを乗せてぶら下げた状態を維持したまま、両親指同士をくっつけるつもりで、中央に向かって直線的にプレスする。

(通常のように真上に挙げるイメージで行わない。)

 

 

以上、このように行います。

 

こう行うメリットは、大胸筋の伸張と短縮が

 

強調できる事です。 やって頂くとわかりますが

 

大胸筋の伸び縮み感が得やすいです。

 

今回の様に、

 

オフセットグリップかつ親指を上に向けて、

 

ダンベルをぶら下げる様な状態にする事で

 

負荷のかかり方が真下だけでなく、

 

外に広げようとする方向にもかかります。

 

なので、 

 

ボトム位では伸張が強まりますし、

 

挙げる際は、

 

外に広げようとする負荷に抗い挙げるので

 

短縮が強調されます。

 

ダンベル種目は、バーベルやマシンに比べて

 

動作の自由度が高く、いろいろなパターンで

 

行う事ができます。今回はその1パターンになります。

 

実施バリエーションの1つとして

 

参考になれば嬉しいです!

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

facebook https://www.facebook.com/ZealKenta/

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K☆減量部

ホームページ http://weightloss-zk.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする