【筋トレ】肩前部を刺激するプレスバリエーション:モーターサイクル・プレス

ボディメイク専門 札幌パーソナルトレーナーZeal-Kの長崎健太です。

 

以前、ジムにショルダープレスマシンが無く

 

「代用できないかな~」と思い

 

やり始めたのが、

 

今回紹介するエクササイズです。

 

ブログで記事にするにあたり、

 

『モーターサイクル・プレス』と命名。

 

横から見るとバイク乗りに見えるから。笑

 

当初は代用で行っていたんですが、

 

やっていくうちに

 

通常行う、ショルダープレスマシンや

 

スミスマシン・ショルダープレスと

 

異なる刺激が気に入り、

 

今では代用ではなく、刺激に変化を与える

 

ショルダープレスのバリエーション種目

 

として活用しています。

 

本日は『モーターサイクル・プレス』を紹介します。

 

参考になれば嬉しいです!

 

 

モーターサイクル・プレス

チェストプレスマシンを使って以下の様に行います。↓

 

 

写真見づらく分かりにくいですが、

 

シートに座っていません。

 

骨盤を前傾して、

 

背もたれにお尻上付近をあてて

 

前傾姿勢をとっています。

 

意外と、安定し力発揮しやすい姿勢であり

 

胸への刺激は殆ど無く、

 

肩前部(フロントヘッド)の刺激が強調されます。

 

このプレスの特徴は、

 

通常のショルダープレスマシンや

 

スミスマシン・ショルダープレスと比較して

 

ボトム位で肩前部(フロントヘッド)に

 

強い伸張刺激が得られる事です。

 

一般的な肩の種目において 

 

肩前部(フロントヘッド)に

 

強い伸張刺激が得られるものは

 

あまり有りませんので、

 

このプレスは

 

新鮮な刺激が得られる種目といえます。

 

この特徴から、下ろした際に

 

ボトムで2秒程度保持して

 

伸張刺激を強調したやり方で

 

行っています。

 

 

また、プレス時は

 

ボトム~中間域で強いテンションが

 

かかるので、刺激を逃さない様に

 

この可動域のを重視してプレスを

 

行っています。

 

背の高い方や腕が長い方は、

 

チェストプレスマシンの可動域の問題で

 

プレス動作が途中で終わってしまう場合が

 

ありますが、この種目の旨味は、

 

ボトムの伸張刺激

 

 

プレス動作初動~中間

 

なので気にせず、

 

旨味の部分を大切に行えば良いです。

 

 

言い忘れましたが、

 

肘は全動作とおして開いて行います。

 

その開き具合は、

 

ボトムの肩前部の伸張感がしっかり得られる

 

具合にしますので、

 

いろいろ試して決めると良いです。

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

facebook https://www.facebook.com/ZealKenta/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする