【筋トレ】ダンベルの重量が足りなくなったら

ボディメイク専門 札幌パーソナルトレーナーZeal-Kの長崎健太です。

 

過去の記事で、ウェイトスタックマシンに

 

プレートを荷重する方法を紹介しました。

 

トレーニングレベルが上がってくると

 

フルスタックの重量でも軽くなるからです。

 

これは、ダンベルにも言える事です。

 

クラブやジムにあるダンベルの最大重量でも

 

足りなくなり、困っている方が

 

いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

設備超充実なゴールドジムさん

 

のようなジムは別として、

 

スポーツクラブや24時間ジムの

 

ダンベルは最大30kg前後までの場合が多く、

 

もの足りない環境で、しかたなく

 

トレーニングを頑張っている方、

 

いらっしゃると思います。

 

私もそうでしたから。そんな

 

フラストレーションを抱いていた時、

 

チャリを修理しに行った自転車屋さんで

 

目にとまったのが、

 

荷物固定用の自転車用ゴムロープです。

 

小学生時代の思い出が蘇ってきました。

 

小学生の私は剣道に打ち込んでまして、

 

大会前日は決まって、あの

 

かさ張り・重い防具一式を自転車の

 

荷台に固定しチャリで帰宅したもんです。

 

その固定に使用したのが自転車用ゴムロープで

 

しっかり固定できるツールである事を

 

思い出しました。

 

「これ使えるかも」と思い、

 

店員さんがすすめてくれた

 

業務用のゴムロープをダンベル荷重用に

 

購入し試したところ、イメージどおり!

 

使えるツールとして今も活躍中です。

 

本日は、ゴムロープを使って

 

ダンベルを増量する方法を紹介します。

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

ダンベルにプレートを荷重する

単純です。自転車用ゴムロープを使って

 

ダンベルの両ヘッドにプレートを固定します。↓

 

重量50kg
(30kgダンベルの各ヘッドに10kgプレートを固定)

 

 

<使用ゴムロープ>

これを使ってます。↓

 

 

ダンベルの各ヘッドにゴムロープ1本を使ってプレートを固定します。(ダンベル1個あたりゴムロープ2本必要)  

 

 

<固定方法(巻き方)>

(1)ダンベルのヘッド中央に荷重したいプレートを乗せる。

 

 

(2)ゴムロープを巻き始める。ゴムロープ端(輪状側)を挟んで固定する。

しっかりキツく巻き始めます。

  

 

 

(3)多方向にしっかりキツく巻いていく。

 

 

(4)プレートの側面でゴムロープ端(フック側)をゴムロープ端(輪状側)にしっかり引っ掛ける。

 

 

(5)もう片方のヘッドにも同様にプレート固定し完成。

 

この巻き方じゃなきゃダメって事はないです。もっと良い、合理的な巻き方があると思います。

 

 

1本のゴムロープでダンベルヘッドに固定できるプレート重量は15kgまでかと思います。(巻き方によっては、それ以上可能かもしれません。)

重量60kg
(30kgダンベルの各ヘッドに10kgプレートと5kgプレートを固定)

 

 

もちろん10kgや5kgよりも軽いプレートだけを固定する事もできます。

 

 

バーベルやマシンより

 

動きに自由度があるダンベル種目。重要です。

  

重量が足らないから諦めたり、

 

仕方無くサブ種目にしたり

 

なんて勿体ないです。荷重・増量して、

 

やり込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

開始ポジションのとり方、もどし方

たまに質問されるものに、プレス種目で

 

高重量ダンベルを開始ポジションまで

 

持っていく方法とセット終了時の戻し方

 

があります。

 

これ、トレーニーの安全面、ジムマナー面で

 

重要なスキルです。

 

また、今回のゴムロープ固定ダンベルの

 

使用においても重要です。

 

特に、戻し方が雑・乱暴だと固定したプレートが

 

外れる場合があります。

 

なので、

 

高重量ダンベルで主なプレス種目

  • フラットベンチ・チェストプレス
  • インクライン・チェストプレス
  • ショルダープレス

 

を行う場合の開始ポジションのとり方、

 

終了時の戻し方を参考動画で紹介します。

 

フラットベンチ・チェストプレス

 

 

インクライン・チェストプレス 

0:25~

 

 

ショルダープレス

 

 

これら動画のように、

 

開始ポジションのとり方は、

 

膝上(もも上)に乗せたダンベルを

 

もも上げや体の振り子動作又はそれらの両方を

 

補助として開始ポジションまで持っていき、

 

終了時の戻し方は、

 

ももで迎えにいって、一旦もも上で勢いを

 

止めてからダンベルを丁寧に床に下ろします。 

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

facebook https://www.facebook.com/ZealKenta/

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K☆減量部

ホームページ http://weightloss-zk.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする