【筋トレ】胸の収縮感を高めるダンベル・チェストプレスのやり方

ボディメイク専門 札幌パーソナルトレーナーZeal-Kの長崎健太です。

 

『ダンベル・チェストプレス』は、

 

比較的、大胸筋の収縮感を得やすい種目ですが

 

フォームや動作を少し変える事で、

 

その収縮感を増す事ができます。

 

本日は、その行い方をご紹介します。

 

実施バリエーションとして有効活用できます。

 

 

サムダウン・ダンベル・チェストプレス

通常のダンベル・チェストプレスは、

 

上の動画のように、

 

動作中のダンベルは常に水平になっています。

 

【通常のダンベル・チェストプレス】

 

一方、今回紹介する

 

『サムダウン・ダンベル・チェストプレス』は

 

ダンベルが内に傾いた状態で行います。

 

【サムダウン・ダンベル・チェストプレス】

“サムダウン”とは”親指が下”という意味です。

 

普段、このプレスバリエーションを行う際に

 

以下のポイントを大切にし、行っています。

 

 

(1)挙げの初動~スティッキングポイント

 

  • ダンベルを内に傾ける。
  • 初動~スティッキングポイントを超えるまで、傾けた方向に『押す』動作で挙げる。
  • 意識は胸にむけ、大胸筋にグッと力が入る事を感じとる

ダンベルを内に傾ける事で、

 

大胸筋を内に絞り込むプレスが

 

初動から自然にできます。

 

 

(2)スティッキングポイント~トップポジション

  • スティッキングポイントを越えた辺りから、『肘を内に寄せる』動作で挙げる。
  • トップポジションでも『肘を内に寄せる』動作を強調する。
  • 意識は胸にむけ、大胸筋がギュッと強く縮み固まる事を感じとる。

 

『肘内寄せ』動作を行う事で、

 

大胸筋の作用『肩関節の水平屈曲』を

 

強調した挙げ方になるので、

 

大胸筋の短縮を引き出すことができます。

 

 

(3)下ろす動作

 

  • 肘を開きながら下ろし始める。(結果、ダンベルが内に傾いていく。)
  • ボトムでも肘の外張りを大切にする。
  • 意識は胸にむけ、大胸筋がピンっと強く張る(伸張する)事を感じとる。

 

 

 

このように行う事で、

 

大胸筋の収縮(短縮・伸張)を

 

しっかり得る事ができます。

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました!

 

 

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K

facebook https://www.facebook.com/ZealKenta/

 

札幌パーソナルトレーニングZeal-K☆減量部

ホームページ http://weightloss-zk.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする